こんにちは!D-sakuです。今回は、手組みでJB23のタイヤ交換をします。取り付けるタイヤはYOKOHAMA ジオランダー M/T G003 185/85R16です。ノーマル車高になります。

 

目次

◾️工具

・ジャッキ(油圧)

・ジャッキスタンド(馬)

・トルクレンチ

 

・タイヤレバー

・ビートブレーカー

・バルブドライバー

・ビートクリーム

・ビートガード(ホース)

・グラインダー

・エアーコンプレッサー

 

◾️ジャッキアップ

Frデフに油圧ジャッキを当て、ジャッキアップします。この時、パーキングブレーキをしっかり引いて下さい。

◾️ホイールの取り外し

ハブナットを緩め(ジャッキアップ前に)ホイールを取り外します。

◾️タイヤ外し

バルブドライバーでバルブを緩めて、空気を抜きます。ドライバーは先端が弱いので力の入れ過ぎに注意して下さい。

◾️ビート落とし

ホースをホイール外径の長さにカットして、リムガードとして使用します。繊維入りのホースがオススメです。

ビートブレーカーで、タイヤのビートを落としていきます。この時に、壁などに押し当ててブレーカーを固定すると作業がスムーズに行えます。

タイヤレバーで地道にビートを外していきます。この作業がなかなか大変でした。焦らず、10〜20㎝の幅で行うと無理な力が加わらずに、リムを傷つけにくくなります。

◾️廃棄する場合の外し方

タイヤを破棄する方や、面倒臭い方はグラインダーなどでカットして下さい。

◾️タイヤを取り付ける

ビートにビートクリームを塗っていきます。

タイヤの黄色いマークがバルブの位置になるように入れます。ある程度入ったら、レバーでビートを入れていきます。

ビートが入ったら、タイヤをバウンドさせてリムとビートを馴染ませます。リムとビートに隙間ができていると、エア漏れしてタイヤに空気が入っていきません。地味ですが重要な作業です。

◾️空気を入れる

電動コンプレッサーでエアを入れていきます。

指定空気圧よりかなり高い圧でビートが『パンっ』と上がります。タイヤがパンパンになるので見てて怖いですが3kgf/㎠まで我慢してください。ビートにシリコンスプレー洗剤を塗るとビートが上がりやすくなります。

◾️ホイール取り付け

取り外した逆の手順でホイールを取り付けます。

 

◾️干渉確認

全開にハンドルを切っても、干渉しませんでした。オフロードや高速、一般道路を走りましたが干渉する事はなかったです。

 

◾️完了

だいぶ印象も変わり、カッコ良くなりました!!

ホイールバランスは、ショップで1本2千円程度で調整してもらいました。高速で起きていた、ハンドルのブレ(シミー現象)もなくなりました。タイヤの消耗でホイールバランスが崩れると起きるようです。

 

◾️まとめ

・手組みは、手間がかかりますが1度経験するとスムーズに交換できるようになると思います。ホイールなどに傷が付いたりするのが嫌な方は、専門ショップにお願いすることをオススメします。

参考になれば嬉しいです。ご覧頂きありがとうございました。

 

◾️動画で見たい方はこちらから

 

 

By dsaku

はじめまして!D-saku(ディーサク)です❗️モトブログ、アウトドア🛶キャンプ🏕野営🏕バイク🏍ジムニー関連の記事をアップします⤴️ 愛車、CRF1000Lアフリカツイン🏍クロスカブ🏍ct125ハンターカブ🛵ジムニー🚗その他、商品レビュー、バイクインプレッション記事もアップしていきます🤭 皆さんとバイク🏍やジムニー🚗キャンプ🏕の楽しさを共有できたら嬉しいです。 やってほしい事や聞きたい事があったらどんどん、教えて下さい)^o^( チャンネル登録とインスタ、Twitter、TikTokのフォローもよろしくお願いします( ^ω^ ) #モトブログ #ジムニー #野営キャンプ #バイクキャンプ このブログは、Amazonアソシエイトとして[D-sakuブログ]は適格販売により収入を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です