こんにちは!D-sakuです。今回は、アフリカツインDCT で林道を走行してきたのでお届けします。

目次

◾️DCT の優位性

DCT の1番のメリットは、クラッチ操作がない事です。その為、エンストがありません。低速走行が多用される林道では、とても助かります。特に、登りのタイトコーナーで恩恵を感じます。

 

◾️トラコン・モードセレクト

 

路面が滑りやすい路面で活躍する機能は、トラクションコントロールとグラベルモードです。トラクションコントロールは7段階の設定が可能です。個人的に良いと思うのがオフロード走行時に使うグラベルモードです。エンジンパワーを抑えてエンジンブレーキも穏やかにしてくれます。この、2つ(トラコン・グラベル)が合わさってライダーをアシストしてくれます。

 

◾️1000ccとは思えない

上記に話したDCT とトラコン・グラベルモードで、車重の重さを除けば。。。まるで250ccのオフ車並み!?の安定感を感じます。見た目とは裏腹な走りに驚きます。

 

◾️足廻り

フロント21インチ、リア18インチのホイールサイズは、本格的なオフロード(250cc)バイクと同じです。この数値だけ見てもアフリカツインが本気のオフロードバイクであるか分かります。

 

◾️本気で楽しみたいなら

 

アフリカツイン を本気で楽しみたいなら、オフタイヤを履いてコースに行くことをオススメします。やはり、日本の林道では狭く思いっきり楽しめません。。。1人で走るのはかなりリスクがあります。ちなみに、転けたら1人で起こすのは無理でした。並の力では、厳しいので林道に行く際はしっかり考えてから行きましょう。

◾️ビッグオフは仕切りが高い

 

私も、アフリカツインに乗るまではビッグオフは仕切りが高いイメージでした。しかし、勇気を出して乗ってみると意外に乗れるものですw  特に、DCTは初心者に優しく乗りやすいです。今まで、バリバリの250ccオフ車に乗っていて、ビッグオフに乗りたいと思っているなら是非、乗ってみてはいかがでしょう?全くの初心者なら、250ccから始めることをお勧めします。

 

◾️まとめ

 

本格的な前後21インチ18インチホイールのアフリカツイン。そこに、最高の電子制御と革新的なDCTが加わることで今までに無いビッグオフのカテゴリーを築いたと思います。それは決して、仕切りが高くなったわけではなく逆に親しみやすくなりました。アフリカツインは、皆さんのアドベンチャー心に火を付けること間違いなしです!

参考になれば幸いです。ご覧いただきありがとうございました。

 

◾️動画で見たい方はこちらから

By dsaku

はじめまして!D-saku(ディーサク)です❗️モトブログ、アウトドア🛶キャンプ🏕野営🏕バイク🏍ジムニー関連の記事をアップします⤴️ 愛車、CRF1000Lアフリカツイン🏍クロスカブ🏍ct125ハンターカブ🛵ジムニー🚗その他、商品レビュー、バイクインプレッション記事もアップしていきます🤭 皆さんとバイク🏍やジムニー🚗キャンプ🏕の楽しさを共有できたら嬉しいです。 やってほしい事や聞きたい事があったらどんどん、教えて下さい)^o^( チャンネル登録とインスタ、Twitter、TikTokのフォローもよろしくお願いします( ^ω^ ) #モトブログ #ジムニー #野営キャンプ #バイクキャンプ このブログは、Amazonアソシエイトとして[D-sakuブログ]は適格販売により収入を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です